カテゴリ:子供の生活( 5 )

1才誕生日o(^▽^)o

11月20日
1才になりましたo(≧▽≦)o
おめでとう‼
e0170644_22562671.jpg

誕生日の数日前からトコトコ歩き出し、一生懸命歩いて胸に飛び込んできてくれる姿は涙が出そうなくらい幸せ。
離乳食を食べる時、両手を上げ口を開けて待っている姿は餌を待つヒナ鳥のようで抱きしめたくなってしまいます。

言葉もわかってきているようで、「ダメ!」と言うとビックっとして動きが止まるし、「にいに(お兄ちゃん)にこれどうぞして。」と言うとちゃんと届けてくれるし。
娘が誕生日プレゼントであげた電話のおもちゃは音が鳴ると受話器を取って「あっあっ!」と言ったり。


すごいスピードで成長してるなって。

この可愛い時期もあっという間なんだろうなぁ〜。

上の2人の子供たちの時は、お店をやっていたからバタバタしてゆっくり子供だけを見てあげれなかったし、私自身ゆとりがなくてイライラしてたな…

今は、娘と濃い時間を過ごせること本当にありがたく思います。
私の収入なんて家計の足し程度の仕事だったけど、無くなるとそれはそれで大変ではあるけど…
お金ではない幸せを沢山もらっていることに感謝です。

まぁ〜
夫がまた次の目標に向け動き出したくてウズウズしてるから…
この時間もそう長くは続かないかもし
れないけど。

今を大切に感謝して生きていきたいです!

また1年楽しい思い出一緒にいっぱい作ろうね(^O^)/
[PR]
by jbgjy402 | 2012-11-23 18:49 | 子供の生活

10ヶ月

動きが危険になってきました(~_~;)
食事の時に使うベビーチェアを歩行器のように体を支え移動したり、気づいたら階段一段上がっていたり(゚o゚;;
怪我しないように気をつけないと。

手を離してしばらく自分で立っていられるようにもなって、できると手を叩いて喜んでいます。
そしてご飯食べる時は、手を合わせたり、娘達が学校に行く時は「ばいばい」と言って手を振ったり仕草が可愛くてみんなメロメロって感じ。
みんなが何でも許しちゃうこの感じは非常に危険な感じがします…

家の中はチビッコが色んな物引っ張り出してグチャグチャですが…
しばらくはしょうがないね(>_<)

e0170644_11277100.jpg

[PR]
by jbgjy402 | 2012-10-11 11:06 | 子供の生活

9ヶ月

なんだか言葉の感じも、それらしい感じと言うか、言いたいことが伝わってくるようで楽しくなってきましたo(^▽^)o
e0170644_21574582.jpg



ただ、ハイハイはしないけどオリジナルお尻歩きで移動が可能となり、かなり危険度が増してきました。
そして、とうとう8/8につかまり立ちしてしまいましたぁ〜
もう歩き出すまで時間の問題。

真似っこも上手で、手を振ったり、舌打ち、しかめっ面なんかもやってみせて家族の笑いを誘ってくれてます(^o^)

手に持ってる物を「ダメだよ」と取り上げようものなら「ぎゃー」と誰もかなわないようなすっごい声を張り上げるし...

かなり手強い感じです(~_~;)

でも愛くるしくって、みんなを笑顔にして本当に癒しの存在です。

離乳食も順調!

元気に大きくなってね。
[PR]
by jbgjy402 | 2012-08-19 00:21 | 子供の生活

最優秀賞

7月のはじめ頃『ピースフォトコンテスト』に娘が応募しました。
戦場カメラマンの渡部陽一さんが審査員というちょっと『なんちゃって』な感じのコンテストだけど( ´ ▽ ` )ノ

沢山撮りためた小さな妹の可愛い興奮顔の写真を一枚選びましたo(^▽^)o

すっかり忘れてた先日、担当の方から連絡がありビックリ。
なんと、子どもの部で最優秀賞!!
娘も大喜びでした(≧∇≦)/

2万円分の図書券がもらえるみたいで、今から何買うか楽しみにしている娘です!

ちびっ子モデルにギャラ払わないとね。

因みに私も一緒に応募したけど...
落選(T_T)
悔し〜い!!
[PR]
by jbgjy402 | 2012-08-17 20:43 | 子供の生活

8/7-10 長崎へ

理子が長崎平和学習から10日、無事帰宅しました。

出発前日はプールに行ったり、旅行の準備の買い物などで少々お疲れ気味だったけど...

元気に帰宅できホッとしました。

引っ込み思案だから、みんなと打ち解けられるか心配だったけど、『めちゃくちゃ楽しかったぁ〜\(^o^)/』とテンション高かったです。

長崎では、被爆者の方から原爆の恐ろしさを聞き、原爆資料館ではその悲惨さを目で見て苦しい思いだったようです。
今、こうして過ごせることこそが幸せと感じたようでした。

私たちも娘が平和学習に参加したことで、戦争の事や原爆の事しっかり考える時間が持てました。
平和祈念式典に参加した娘と同じ時間を過ごしたく、初めて式典のテレビ中継を見てみました。
被爆者の方の話を聞き、もしこの体験が自分だっら...と思うと恐ろしく、胸が苦しくなりました。

娘が平和学習に参加した事で、少なくとも私たち家族や祖父母が原爆の事、平和の事を考える時間を持てた事が小さいながらも波となり、平和の大きな波への一歩となるのかなって思いました。

戦争を知らない私たちだけど、67年前に起たこの悲惨な出来事を繰り返さないよう伝えていかなければいけないと思いました。
[PR]
by jbgjy402 | 2012-08-09 13:23 | 子供の生活