<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

絵てがみ大賞!

e0170644_9281747.jpg

e0170644_9281757.jpg

娘が夏休みの宿題の1つとして選んだ湘南よみうり新聞主催「湘南絵てがみ」で大賞を受賞!!
11月27日はその表彰式に参加してきました!

正直かなりビックリで、大賞の知らせを聞いて娘も私も「えっ!?あの絵がっ」って感じでキョトン顔。

でも挑戦した事でこんな素敵な結果がもらえると娘も本当に嬉しいはず(^-^)/
賞品も豪華で図書券と食事券!
食事券はうちの近くにある懐石料理の「車屋」。
父親に何回か連れて行ってもらったけど自分達ではなかなか行けないお店。
なので尚嬉しい!!
娘の頑張りに感謝。

絵てがみのテーマが「家族」だったから、このテーマで賞が取れたことが更に嬉しいな。
もっともっと仲良し家族でいこう(^-^)v
そして君達の素晴らしい未来を願ってるよ!

大賞おめでとう!
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-29 09:28

長瀞ライン下り

e0170644_21571641.jpg

e0170644_21571626.jpg

e0170644_21571747.jpg

なぜ長瀞?
たまたま書いて送ったアンケートに当選して「長瀞ライン下り」チケットが2枚送られてきたからなのです(^o^)v
長瀞というか、埼玉県てあまり行った事なくて。

今回は家族皆、初の長瀞、秩父プチ旅行になりました!
なかなかいい所。
汚ない川のイメージだった荒川が上流110キロ辺りはブルートパーズのような綺麗な水が流れているんだから、驚きだね。
そしてもう1つの驚きは人がいっぱい。
正直さびれた観光地のイメージで行ったのに、駐車場はどこも満車だし、ライン下りも1時間待ちって言われるし(-_-;)

長瀞は「とろ場」という川の流れが穏やかな場所が多く、それほど激しい川下りではなかったけど紅葉ときれいな水を近くに感じいい時間でした。
ラフティングやカヌーをやってる人も多く、夏とかちょっとやってみたくなっちゃった。

その後は行ってみたかった「阿佐美冷蔵」のかき氷!お店の方も感じよく店内もモダンで素敵。
メニューも見るだけでワクワクしちゃう感じ。
どれも食べたくなってしまうけど…悩んだ末「乙女のイチゴミルク」、「モモ」、「抹茶黒蜜」に決定!

氷が最高なのと、氷ミツが感動的に美味しくてビックリ。
ミシュランにかき氷部門があったら3つ星でしょ。ってかんじ。
あぁ〜また食べたい!!

それから車を秩父に走らせる途中、「安田屋」というわらじカツのお店へ。
ふる〜くて味のあるお店。4時という時間だったけどお客さんいっぱいだし、持ち帰りのお客さんが次々来店。
ワラジのようなカツが2枚、丼鉢からはみ出さんばかり。
空腹だったからバグバグいっちゃったぁ…
甘めのソースと柔らかカツが本当に美味しかった!!
カツ丼好きの私としてはとっても好み(^ー^)

食べてばかりもなんなので秩父の街を散歩する事に。ギャラリー&カフェの「西瓜屋」へ行くと木工作家「ツグミ工芸舎」のご夫婦が。
しばらく作家活動の話や住んでる秩父の話など楽しい時間を過ごしました。
物作りしている人って自分のやりたい事しているからなのかな〜いつもいい顔してるなって思う。
静岡で今回初めて行われたクラフト展にも出店してたみたい。
来月は渋谷のBunkamura Galleryで作品展があるとの事。
時間作って行けたらいいな。
最近は出会いを大切にしたいなって思う。
旅行の楽しみは食や観光はもちろんだけど、人の出会いがその街を更に印象深くしてくれるから。
ホンワカした気分で次なる喫茶店「ぢろばた」へ。
アンティークの落ち着く店内。メニューはコーヒーばかり。
スイーツもソフトドリンクも無しなんだけど持ち込みがいいっていうんだから驚き。良心的なお店だなって思う。なかなか真似できないサービスだけど。
私達はコーヒーを注文。
丁寧に入れてくれた美味しいコーヒーでした。
置いてある本や雑誌も読んでみたくなるものが多くついつい長居。

会計をしている夫にマスターが「どうやったらお子さんが静かにしていられるのか秘訣を教えてほしい」とのこと。
私達も思わぬ質問に「?」って感じ。
マスターいわく、お店に子供が来るけどうるさい事が多いらしい。
確かにうちの子供は静かに過ごせると思う。
何で?なんて考えた事なかったけど…
夫と何で?か考えてみた。
私達は近くに子供を預けられる親がいないから、どこに行くのも4人一緒。
子供がいるから大人が行きたいお店諦めるのは嫌。
だったら子供にも協力してもらわないとって思いが強いかな。
結構言い聞かしてきたからかなぁ。
あとはノートと鉛筆さえあれば時間潰せる子供だからありがたい。
そんなとこかな…
まぁ基本子供だから気分でダメな時もあって「連れてきて失敗したぁ(-_-;)」って事もたまにあるけど。

今まで色んな所連れて行ったから、場の空気を子供ながらに感じて判断できるようになったのかな?

マスターは「素晴らしい大人になりますよ!」「本当に偉いね」と子供を褒めてくれ子供達も凄く嬉しそうだった。
そういう事を口に出して言ってくれるなんて本当に嬉しいこと。
ましてや知らない大人に褒めてもらうなんて。

なんだか私達も嬉しい気持ち。
うちの子供はいい子なんだなぁ〜、もっと褒めてあげなくちゃいけないね。

そんなエピソードもあり秩父がより印象深い場所となりました。

圏央道ができたら時々行くよ秩父!
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-23 21:57

1年ぶりのふるちゃん

e0170644_18231918.jpg

e0170644_1823192.jpg

11月6日の土曜日から友人のふると息子のたっ君が泊まりに来ました!

彼女はお母さんと別荘生活を今年3月に辞め、東京に戻ってきたばかり。息子の成長の事考えると東京の方がいいのでは、と言う考えからだったよう。今はお祖父さんの代から営む輸入食材会社で働いている。
顧客は超有名レストランで羨ましい。

お土産にコッパやサラミをキロ単位でどっさり。
これおいくら!?
ちょっと嬉しすぎる〜
そればかりでなくワイン、、チーズ、パスタ、スパイス、グリッシーニなど
イタリア食材が山のように積み上がりました(^-^)v
ありがとう!!
夕食は腕を振るっちゃったよ!
今日の料理は上出来。
自分で言うのもなんだけど、やるじゃんわたし(^o^)vって感じ。

懐かしい話や今の仕事の話で夜も更ける。

翌日は遅めの朝食をとったあと、「ズーラシア」へ。夫は仕事があるから私達を送り、5時にまた迎えに来る約束で。
ズーラシアはそんなに珍しい動物はいないけど、広々した園内でお散歩気分で楽しめる。
子供達も走り回って楽しそうでした!

夫に5時に迎えに来てもらった後、羽田空港の新しい国際線ターミナルを見に行く事に。
APECの影響で検問もかなりあったけど、思った以上スムーズに羽田へ。
私達同様新しいターミナル見学者でごちゃごちゃ。
でも、江戸の街を再現したような横丁にお土産屋が入っていて外国人観光客に喜ばれそう。
伊東やのセンスのいい文房具やてぬぐいのお店など見ていて楽しかった!
夕食を空港でと思ったけど…凄い人で食べれるのはいつになるやらって感じ。
なので、あきらめることに。

でもお腹すいちゃって友達を送る途中の道で「餃子の王将」へ。
初王将!
この不況に一人勝ち飲食店って事で「どんななの?」と一度行ってみたかったから。
安くてボリュームあるから嬉しいけど、餃子はうちの手作り最高!だからまぁ〜こんなもんだよね…って感じだったけど。

餃子は家で作るに限る!

そんな自信あるなら餃子屋やるか?
でも毎日毎日餃子ばっかり作るのもうんざりしそうだしな…
まぁ子供が成長したら餃子屋のオバチャンとして腕を振るってる姿もいい感じかも。
まずは、美味しい餃子屋巡りしてみようかな〜

チープな夕食だったけど、子供達はモリモリ食べて大満足な感じだったから良かったかな?
ふるとも久しぶりにゆっくり過ごせ楽しかったよ!
今度は私の手作り餃子でもてなしちゃう\(^-^)/
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-18 18:23

東北旅行11/3

e0170644_11334119.jpg

e0170644_1133419.jpg

旅行もとうとう最終日(;_;)旅の終わりは本当に寂しい…
昔、3ヶ月のフランス旅行を終えた帰り、飛行機の中で1人涙流していた事を思い出した。
フランスを離れるのが悲し過ぎて勝手に涙が溢れてきちゃって。
まぁ最近はあれほどの旅はしてないけど、旅の最終日のテンションはかなり低いのは確か。
更に翌日早朝から仕事だと思うと低いテンションに輪をかけちゃうね…

帰る方向で観光。
遠野で弁慶が積み上げたという巨石「続石」を見に片道15分ほどの山道を歩く事に。
道の入り口に「熊が生息している森です」とあって「だよね…」と妙に納得。
途中木の実の種が混じった糞が落ちてて心配に。
息子はかなり怯えてずっと歌を歌ってました。
とりあえず森の熊さんみたく楽しくダンスは踊れないだろうから…気を付けないとね。

河童がいたと言われている「カッパ淵」 へ。
常堅寺裏を流れる木立に覆われたきれいな小川。
釣竿に河童の好物きゅうりがぶら下がって雰囲気あり。子供達は真剣に河童が釣れると思っていて、釣れるまで帰らない感じになっちゃいました。
その昔、姥捨て山だったと言われる「デンデラ野」、遠野の伝承を柳田国男に伝えた佐々木喜善の生家近くにある、遠野の景観のシンボル水車などザーッと駆け足で。
しかし遠野には民話や伝説にまつわるスポットが多いなって思った。
まぁ遠野は柳田国男の影響が大きいだろうけど、人が生きてきたどんな小さな村にだって何かしらの言い伝えはあるよね。
西表島には撮影厳禁、人に祭りの様子も語ってはいけない秘祭があったからな。でもいつやるかは村の人しかわからないから、なかなか見る事ができない祭り。とりあえず凄い祭りだった事は確か。かなりの衝撃!
こういう祭りも土地の若者が少なくなって続かなくなってしまうのかな…
ただの言い伝えになってしまうのは悲しいよね。

旅の終わりは宮沢賢治が生まれ育った花巻。
「宮沢賢治童話村」で賢治の世界観を感じ、またじっくり賢治の童話を読み返したくなったな。
銀河鉄道の夜のモチーフになったというめがね橋を見て時計を見るともう3時半…。
お昼には高速に乗ってる予定だったのに(-_-;)
今日中に帰れるのか!?
まだ夫が行きたいというレストランが残っているし。私は早朝から仕事だけど…寝ないで行くかもしれないと覚悟を決め、こうなったら行きたい所は行っとこってて感じ。
「レストランポパイ」はなかなか見つからず、街中ぐるぐる。
着いたのは4時すぎ…今からランチの私達。
ここでは白金豚が食べられるとのこと。
白金豚は安全な飼料と奥羽山脈の地下水で育てたブランド豚。
ハンバーグもポークソテーも美味しかったぁ。
フォカッチャも手作りで手間をかけた美味しさが伝わってきました。

さよなら花巻、楽しかった東北旅行(;_;)/

5時出発、ほぼノンストップな感じで11時半には家に。
とりあえず今日中に帰宅できました!

かなり強引で詰め込みプランだったけど、子供達の心にも何個かは引っかかる場所や体験はあったはず。
またゆっくり東北を写真とともに整理してこうかな。
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-14 11:33

東北旅行11/2

e0170644_9472627.jpg

どうにか天気も回復(^-^)v朝から自炊。
前日買っておいたパンにハムをはさんだサンドイッチと目玉焼き。
それも部屋の石油ストーブで調理して室内キャンプしてる感じ。
まぁこれも楽しい思い出。
まずは田沢湖に車を走らせることに。
天気が良くなったおかげで湖が青く輝き、沖縄の海を思い出しました。
やっぱり青空は気持ちいい!
湖畔にある「たつこ茶屋」で名物の「辰子たんぽ」を食べることに。
ご飯を串に巻いて甘味噌をつけて焼いたもの。
お腹にずっしりだったけど手作りの優しい味で美味しかった。

続いては角館で武家屋敷を見学。
屋敷は簡素な造り。背筋をピンと伸ばしたくなるような空気感があるから不思議。
武士の生き方みたいなものが屋敷からも伝わってきた。
私も武家屋敷に暮らしたら、シャキっと生きれるのかしら…
そんな気持ちも一瞬で、もっぱらつまみ食いばかりの角館でした。
醤油のソフトクリームが思った以上に美味しくてビックリ。
味噌のようなコーヒーのような芳ばしさがあるソフトクリームでした!
オススメ(^-^)v
春、角館は川沿いにソメイヨシノが2キロにわたって咲き、武家屋敷には枝垂れ桜。
やっぱり桜の季節がいいけど…なかなか簡単には行けない場所。

次はお待ちかねの盛岡!
「ぴょんぴょん舎」で冷麺と焼き肉のランチ。
ちょうど何周年かのキャンペーンで冷麺半額、焼き肉も割引でラッキー(^o^)v
店内は焼き肉屋って感じではなくギャラリーのようなセンスのいい内装でビックリ。
冷麺も美味しかったぁ〜
私、冷麺大好きなんで。

それからそれから、以前から行ってみたいと思っていた「光原社」へ。
盛岡はここさえ行ければいいって思ってたくらい。

「光原社」は予想以上に素敵な空間でウキウキしっぱなし。
焼き物や漆器、ガラス、など素敵な物が並んでいました。
私達は記念に手作りのぽってりとしたワイングラスを2客買いました。
使うのが楽しみ!!

10人も入ったらいっぱいになってしまう小さな喫茶店は宮沢賢治の時代にタイムスリップしたような不思議な時を刻んでいました。
私もここで1人過ごしていたら素敵な物語でも書けそう!?
子供達は注文したロイヤルミルクティーが美味しかったようで、うっとり顔でした。
混んでいるのにお店の方のバタバタ感がないから、優しい空気に包まれホンワカいい時間が過ごせちゃう。私の雑なバタバタ感、直さなきゃな…って反省。
その人の振舞いでその場の空気を作れるのだからすごいよなぁ〜

いろんな事を感じた光原社でした!

思った以上に時間がかかってしまったので、急いで宿へ。
この旅のラストは「新鉛温泉」。
観光ホテルっていうのかな〜部屋はきれいでお風呂も15種類位あり子供は喜ぶホテルに宿泊。
それまでの宿とは180度違うけど、これはこれで楽しめるからいいかな。

料理もすごいボリュームでお風呂になんて入ってる場合じゃない位満腹(>_<)

ダイエットは家帰ってからだな…気合い!
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-11 09:47

東北旅行11/1

e0170644_1758291.jpg

e0170644_1758263.jpg

e0170644_1758296.jpg

前夜から雨の2日目。
子供達は雪を期待していたけど、この暖かさでは降らないなって感じ。
朝風呂して朝食を食べて次なる目的地へ。
天気がよければ奥入瀬渓流を歩こうと思っていたけど足元が悪いから渓流沿いの紅葉を見ながらドライブ。
天気も悪かったから「奥入瀬渓流ホテル」のラウンジでお茶をすることに。
大きな窓からは奥入瀬の渓流と紅葉を眺めることができ、ラウンジの中央にある岡本太郎作の薪ストーブがまたまた素敵。
青森リンゴのスイーツも充実していて林檎のミルフィーユやパイ、クリスタルというドライ林檎を使ったデザート3品を注文。
八甲田の湧水でいれるコーヒーも美味しくついつい長居。

十和田湖は霧で何も見えず…残念(T_T)
湖畔近くにある「ゆずりは」という東北の作家物の器、南部鉄、織物などを扱うお店で記念に南部鉄の可愛い栓抜きを買うことに。

雨だとその土地のイメージもどことなく寂しく映ってしまうよな。

1日雨の予報だったので予定を変え、「十和田市現代美術館」へ。
以前から雑誌で見ていたロン・ミュエクの巨大なお婆さんは見てみたいなって思っていたからちょうど良かった。
でも美術館的には作品数が少ないから「えっ!?もう終わり?」って感じだったのが残念。

本日の宿泊は「黒湯温泉」。湯治部泊で更に自炊!
食材集めに八戸にある市場「八食センター」へ。
新鮮な魚介類の店が多過ぎてどこで買おうか迷ってしまうくらい。
その他野菜、肉、酒、パン、乾物など一通りそろっているから便利。
夕食はお鍋なので鱈、牡蠣を買い、刺身でイカ、アワビ、ホッキ貝。その他焼きウニ、イクラ、馬肉の贅沢ディナーになってしまう感じ。

ウキウキしながら宿に向かったんだけど…思った以上に山道が遠くて宿に入ったのは7時半。
部屋は小さな囲炉裏付きの藁葺き屋根の建物なんだけど…小さな石油ストーブ1個、窓や引き戸のすきま風が酷く、寒さで眠れないいのでは!?と…
不安がよぎる(>_<)
調理は炊事棟でしてストーブの上で鍋をグツグツ。
おかげで部屋も身体も温まり良かった。

お風呂は簡単に造った感じだけど女湯と混浴が別れているから良かった。
白濁湯だけど酸ヶ湯ほどとろっと感はなくサラッといい湯だった。
ただ、お風呂場も私達の部屋同様すきま風が酷く、お風呂から上がった脱衣場で身震いしちゃう。
お年寄りには絶対良くないはず。

でも、こんな秘湯に何故?って思うくらい金髪の外国人や中国語の女の子達がいてビックリ。
外国人が日本の文化を体験してる姿っていいなってニッコリしちゃった(^-^)

まだ雨の音がするけど…明日は晴れてほしいな。
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-09 17:58

東北旅行10/31

e0170644_15591237.jpg

e0170644_15591240.jpg

e0170644_15591285.jpg

10月31日から11月3日まで夫が連休だったので普段行けない長距離ドライブ旅行をする事に。
兼ねてから夫が行きたいと思っていた温泉地を巡りながらの東北旅行。
31日はワクワクして寝付けない夫に1時半頃起こされ、2時半に家を出発(@_@)
一路、青森市へ。
長かったぁ〜走っても走っても目的地に着かずって感じ。
途中睡魔に襲われ、サービスエリアで2時間ほど爆睡。
青森市の行きたい寿司屋「一八寿司」に着いたのが午後1時半。
ヘトヘトだったけど、美味しい寿司で元気回復(^-^)v
三内丸山遺跡で縄文時代のお勉強。
竪穴住居や高床式倉庫が復元され縄文時代の村をそのまま体感でき、いいかんじ。
でも昔の人達の知恵って本当に素晴らしいって思う。自分達の力で何でも作り
生きていく強さに関心してしまう。
きっと私達にもそういう力はあるのだろうけど…便利で楽な物に流れてしまう。心の中では生活に手間をかけたいなって思っているけど。
パンやお菓子を手作りしたり、フルーツはジャムや果実酒、編み物で冬支度…なんて。
そんなささやかな事も日々の生活でバタバタ雑に流れていくだけだし。
かといって休みは外に遊びに行きたくなってしまうからダメなんだよな。

自分の生き方をしっかり考えて実行してかないと。
縄文時代の生活を見て少ない物で上手に生きるシンプルライフなんかいいかも!なんて軽々しく思ってしまったんだけど^_^;
物欲は大分少なくなったけど…まだまだ物欲と情報に流されてるからな。
目指せ縄文時代ライフ!?

日も暮れてきてしまったので急いで本日の宿泊先「酸ヶ湯温泉」へ。
湯治部と旅館部に別れていて、私達は安く泊まれる湯治部棟へ。
開湯が300年前の貞享元年というから驚き(@_@)
古い建物だけど清潔でいい感じ。
お風呂は総ヒバ造りの千人風呂が有名。
でも基本混浴…
最近は混浴のマナーの悪い男性が多いらしく一応、朝晩1時間づつ女性専用時間が設けられていました。
よかったぁ。

お湯はとろりとした酸性の白濁湯で、身体にまとわりつくよう。
本当に気持ちよいお風呂だったぁ〜
ヒバでできた薄暗いお風呂にモクモク立ち込めめる湯けむり…これぞ温泉!!って感じ。
気分最高(^-^)v
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-09 15:59

ハロウィン

e0170644_129945.jpg

31日から旅行に行くので30日に簡単な感じでハロウィンをやる事に。
娘に「友達呼んでハロウィンパーティーやる?」って聞いたら「みんな興味ないと思う…」ってこと。
だったら無理にやることもないか。

夫がハロウィンに付き合ってくれて帰宅した時、かわいい魔女でお出迎えの子供達(^-^)v
お菓子とサーティワンのアイスをゲット!

本当はみんなでワイワイやるのが楽しいだろうけど。来年はハロウィンやりたい!って言うお友達がいるといいけどね。
[PR]
by jbgjy402 | 2010-11-03 12:09